ゴルフの朝は早い

私が小学校か中学校の時の話です。私のおじいちゃんがゴルフがうまくて大会で優勝する腕前なんですけど、その練習で着いて行ったことがあります。私、おじいちゃんっ子だったんです。

打ちっぱなしについていくというより、広い土手みたいな場所に車で行って、2時間くらい打ちながら練習してるおじいちゃんを眺めてキャッキャしてる感じでした。

私の役割はおじいちゃんが打ったボールを拾いに行くこと。元気が有り余っているのでちょこちょこと走ってボールを見つけてはおじいちゃんの所に持っていく、でまたおじいちゃんが打ってそれを取りに行く。それが楽しかったです。

でも、その時ゴルフ自体には興味はなかったですね。ゴルフは大人の男の人がやるスポーツってイメージがあったので(笑)

まさか今になって私がゴルフを趣味にすることになろうとは(笑)わからないものですね。おじいちゃんの打ち方をなんとなく頭にイメージしながら打ったら思ったよりダフらなかったので「意外と見てるだけでも違うもんだなぁ」って思いました。

あ、ダフる(ダフリ)ってボールの前に芝を打っちゃうことをこういいます。これはおじいちゃんから聞きました。「ちょっとダフったなぁ」とか言ってたのでなんとなく覚えてました。

あ、趣味ゴルフって女子力低いかも…、彼氏できるか不安になってきた。

“ゴルフの朝は早い” への5件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。