気をつけて!クレジットカードは危険と隣り合わせ!

気をつけて!クレジットカードは危険と隣り合わせ!

クレジットカードは常に危険と隣り合わせ!

気をつけて!クレジットカードは危険と隣り合わせ!

 

クレジットカードはとても便利なものですが、所持しているだけで危険と隣り合わせにされていることを決して忘れてはいけません。ただ単に「クレジットカードを落としたら大変だ!」というだけの話ではないのです。クレジットカードを持つということは、同時に様々な場面で危険と隣り合わせなのです。

 

最近ではインターネットが普及してネット上で買い物をするという方も多いですよね。ネットで買い物をするときはクレジットカードがとても便利で必ず一枚持っておくべきだとさえいえます。そのため、ネットショッピング専用で一切、家から持ち出さないクレジットカードを持っている人も少なくありません。なので「家から持ち出さなければ、外で落とす心配もありませんし安全だ」と思っている方も多いのでは?ところがそれは大きな間違いです!ずっと家においてあるカードであっても危険な目に遭うこともあるのです。

 

更に言えば、家から持ち出さないどころか使ってすらいない、いわゆる「休眠カード」であっても危険に晒されているのです。期限が切れる前に使わなくなってしまったクレジットカード、あなたの家にもありませんか?

 

使っていないクレジットカードがあれば即刻解約すべし!

ここでのテーマは「休眠カード」について。特に伝えたいことは、休眠カードを所持している方は、すぐに解約をすることをオススメするということ。どういうことか?気になる方は、以下のご一読をお願いします。

 

 

休眠カードとは?

休眠カードとは、言葉からも察することができる通り、クレジットカードを長い間、利用していないカードのことを指します。一時期、クレジットカードの発行を促すようなキャンペーンがそこら中で行われていたため、たくさんのカードの発行をしてしまったという方が意外といらっしゃいます。こういった方も含め、世の中には、利用していないのに解約をせずに所持し続けている方が。結果、休眠カードと呼ばれる固有名詞が生まれ「問題」に繋がってしまうこと。なぜ「問題」になるのかは、次よりお話していきます。

 

 

怖いのは不正利用の発見が遅れること

休眠カードで怖いのは、不正利用のリスクであり、一番伝えたいことです。財布にずっと入れておいて存在すら忘れた状態で落としてしまったとしましょう。利用しているカードに対しては、直ぐに利用停止の手続きを行うことで対処できますが、休眠カードの場合は、忘れ去られているため手続きを行わないこともあり得ます。結果、不正利用されても利用明細を見ることもなく(WEB利用明細であれば、さらに発見が遅れる可能性も)、発見が遅れてしまい、被害が甚大になってしまうことに。

 

このように、クレジットカードの大きなリスクが表面化しやすい状況が休眠カードという存在なのです。リスクがあり将来的にも使わないのであれば、早急に解約をすることをオススメします。

 

 

お互いに得のない状況

「百害あって一利なし」という言葉がまさに当てはまる状況となっています。

 

先のリスクの話以外にも、こんな話も。利用者側からしたら、新たにクレジットカードを発行しようと思ったときに思わぬ弊害になること。基本的に、あまりにも多くのカードを所持している利用者は、カード会社からしたら「要注意人物」となるからです。

 

逆にカード会社視点では「無駄な管理が必要となる」からです。いくら休眠カードとなっているとはいえ、その利用者の方を蔑ろにすることは絶対にできません。「急に利用したくなった」という気まぐれ的な部分もありますし、何よりも契約している以上、サービスを提供することが企業としての役割です。しかし、利用してくれないわけですから、そのカードから利益を上げることはできず、無駄に人件費や有効期限が新しいカードの発行代など、余計なお金が必要となってしまうわけです。

 

最近は「年会費」を付けることで対策をしている

ちなみに、後者の会社視点のお話は、年会費を付けることで休眠カードになることを防ぐ対策を施しています。こんな謳い文句を見たことがありませんか?「年会費は年1回でも利用すれば無料になります」のような文言。他にも、年間●●万円以上の利用など、とにかく利用することによって年会費を無料にするサービスです。これは、利用しなくても利用しても会社側からしたら利益を上げることができるため、画期的な対策となっているのです。

 

【参考URL】
http://www.canadatelemedia.com/
http://www.5star-programming.co.uk/
http://investinthamesgateway.net/

 


ホーム RSS購読 サイトマップ